仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選
仙台でのトイレつまり » トイレがつまった時に業者への依頼方法 » 業者に依頼した後の流れと修理事例

業者に依頼した後の流れと修理事例

トイレのつまりを業者に依頼した場合、どのような流れで修理が行われるのかを紹介しています。

トイレつまりを業者に依頼した際の修理事例

トイレのつまりは突然起こります。パニックになると、何をどうしたらいいのかわからなくなってしまい、さらなる混乱を招いてしまいます。そのため、あらかじめ、水漏れの修理作業の流れを把握しておくと安心です。

トイレトラブル発生時の依頼から解決までの流れ

①トラブル発生

トイレがつまった、流れないなどのトラブルが発生!

②電話やメールで問い合わせ

電話、メール、フォームなどから問い合わせ

③業者が作業・点検に向かう

早いところなら、30分以内に駆けつけてくれることも。業者によっては出張費がかかる場合があります。

④状況確認、見積もり

修理スタッフ到着後、状況を確認して見積もりを出してくれます。故障の原因を究明し、その解決方法を提示してくれます。業者によっては見積もり費用が必要な場合も。

⑤作業開始

トイレのつまりの修理作業を始めます。

⑥作業完了

トラブルが解決されたことを確認し、料金を支払います。

具体的な修理事例

排水管凍結の修理

寒い地域や真冬の寒い時期には、水道が凍ってしまうことがあります。凍結した状態で長時間放置してしまうと、水道管が破裂してしまう恐れがあるので、すぐに修理する必要があります。

水道管が鉄や銅など、電気を通すもので、凍っている箇所が長い距離や床下、天井裏、壁の内部などのときには、電気解氷機を使って修理します。電気解氷機は、凍ってしまった区間を機械で挟んで電気を通して氷を溶かしていくものです。

電気の通らないポリ管や塩ビ管などの場合には、水を沸騰させて、蒸気によって氷を溶かすスチーム解氷機(蒸気解氷機)を使います。

真空ポンプによる修理

真空ポンプは、一般家庭でもトイレのつまりを直すときによく使われているラバーカップと同じ原理のもの。業務用に作られているので、一般家庭用のラバーカップよりも多くの水を吸引したり、加圧することもできます

真空ポンプは、トイレットペーパーを大量に流した場合など、軽度なつまりの場合に使われます。

真空ポンプを便器に差し込んで、ハンドルを引いたり押したりを数回繰り返すとつまりが解消されます。

ただし、真空ポンプは威力が強いので、プラスチック製品やおむつなど、水に溶けないものが原因でつまっている場合には使用することはできません。

ワイヤーによる修理

大型犬の糞や硬いものを流してつまらせてしまった場合には、ワイヤーを使うことがあります。大きなものや硬いものをワイヤーで粉砕して流す方法です。

ワイヤーを排水口に入れて、少しずつ伸ばしていき、排水管の奥へと進めていきます。ワイヤーの先端がつまりの原因の対象物に当たったら、ワイヤーを前後させて、その対象物を粉砕します。

水が引いたら、水洗レバーの小やバケツの水を少しずつ流していきます。

異物が流れた場合

トイレの清掃用のスポンジやおもちゃ、使い捨てカイロ、おむつ、生理用ナプキンなど、水に溶けないものが流れてしまった場合、便器を外して異物を取り除く方法が採られます。

便器の水をくみ出し、便器を外します。目に見える場所に異物がある場合にはそのまま手で取り出し、手の届かない場所であれば器具等を使って取り出します。

便器内に異物を落としてしまった場合には、ラバーカップなどで処理しようとするとよけいに悪化することがあるので、すぐに業者に依頼するようにしましょう。

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選

仙台で急なトイレのトラブルにも
対応してくれる水道業者3

1

水道救急センター
仙台支店

タップして電話で問い合わせる
0120-245-990
基本料金 2,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
2

クラシアン
仙台支社

タップして電話で問い合わせる
0120-511-511
基本料金 8,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
3

仙台水道サービス

タップして電話で問い合わせる
022-352-5244
基本料金 2,000円~
スピード 即日対応
公式サイトからの
お問い合わせはこちら

各社詳細はこちら