仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選
仙台でのトイレつまり » トイレトラブルのマメ知識 » トイレの凍結と水抜き方法

トイレの凍結と水抜き方法

仙台などの寒い地域では、凍結がトイレのつまりの原因になることがあります。凍結する原因と凍結を防ぐ方法を紹介します。

冬にトイレが凍結する原因

仙台などの寒冷地では、トイレなど、水回りが凍結することがよくあります。そこで、水回りの凍結防止が冬場の課題になってきます。

マイナス4度を下回るような環境の場合、寒さで水道管の内部が凍結し、トイレの水が流れなくなってしまう場合があります。

また、旅行などで数日間家を空けた時も、トイレを使わない時間が長くなり、凍結しやすくなります。

こうしたトイレの凍結は、給水管の立ち上がり部分(床上からタンクまで)が裸になっている場合に多く発生します。

また、トイレのタンク内の水が凍ってしまい、水が流れなくなることもあるので注意が必要です。

トイレが凍結すると、排水管が破裂したり、パッキンが断裂してしまうなどのトラブルを引き起こすことがあるので注意が必要です。

ウォシュレットの故障

トイレが凍結すると、ウォシュレットが故障してしまう場合があります。ウォシュレット内の給水経路が凍結することによって、水漏れなどのトラブルが起こりやすくなるため、冬場のウォシュレットの故障は多いといわれています。

給水管の接続部分や分岐水栓部分が凍結して膨張してしまうと、接続ホースが破裂したり、パッキンが破損してしまうことがあります。

ウォシュレットの故障を防ぐためにも、長時間使用しない場合は、水抜き作業をしっかり行いましょう。

水抜き作業は、ウォシュレットのタイプによって作業手順が異なるため、取扱説明書の手順に従って作業しましょう。

凍結を防ぐため、給水管や接続ホースに、凍結防止用のウレタンカバーなどを巻いておくという方法もあります。

トイレの水抜き方法

旅行などで家を留守にする場合など、長時間トイレを使用しない時には、必ず水抜き作業を行うようにしましょう。

仙台などの寒冷地では、電動水抜き操作盤があらかじめつけられている物件があります。その場合は、取扱説明書などを見ながら、その手順に従って水抜きをしていきます。

操作盤がない場合は、まず、止水栓を閉め、トイレの水洗レバーをひねって水を流し、タンクの中の水を空っぽにします。

寒冷地のトイレには、水洗レバーの部分にロックがついていて、水が完全に抜けるまで、レバーを固定し続けてくれるものもあります。

便器内にたまった水を抜いてしまうと、下水のにおいが出てきてしまう場合があるので、凍結防止用の不凍液を入れておきます。

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選

仙台で急なトイレのトラブルにも
対応してくれる水道業者3

1

水道救急センター
仙台支店

タップして電話で問い合わせる
0120-245-990
基本料金 2,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
2

クラシアン
仙台支社

タップして電話で問い合わせる
0120-511-511
基本料金 8,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
3

仙台水道サービス

タップして電話で問い合わせる
022-352-5244
基本料金 2,000円~
スピード 即日対応
公式サイトからの
お問い合わせはこちら

各社詳細はこちら