仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選
仙台でのトイレつまり » トイレトラブルのマメ知識 » トイレつまりの予防策で緊急事態に備える

トイレつまりの予防策で緊急事態に備える

毎日、少し気をつけるだけでできる、トイレのつまり予防法を紹介します。

簡単にできるトイレのつまり予防法

自らの不注意などでトイレをつまらせてしまった経験がある人もたくさんいると思いますが、トイレがつまると、思うようにトイレが使えなかったり、よけいな出費があったりして、イヤな思いをすることになります。

トイレをつまらせないための予防方法について紹介しています。

こまめに掃除をする

汚れがたまるとトイレはつまりやすくなるといわれています。そのため、こまめなトイレ掃除はトイレのつまり予防の基本となります。

できれば使うたびにきれいにしておきたいものですが、なかなかたいへんなので、汚れがつきにくくなるコーティング作用のある洗剤などを使ってみるのもいいかもしれません。

便器に落としそうなものは持ち込まない

携帯電話、スマートフォン、ボールペン、財布、ハンカチ、アクセサリーなどを便器に落としてうっかり流してしまい、トイレがつまってしまうことは多々あります。

とくに、小さなアクセサリーやハンカチなどは、落としても音がせず気が付かないことが多いので、流す前に便器を確認するようにしましょう。

落としそうなものははじめからトイレに持ち込まないようにするのが無難です。

タンクに異物を入れない

節水のために、トイレのタンク内にペットボトルなどを入れているという人もいるかもしれませんが、これもトイレのつまりの原因になることがあります。

水の量を減らすことで水流が弱くなり、トイレットペーパーや便などがきちんと流れず、つまってしまうことがあります。

毎回、きちんと流れているように見えて、実は奥の方でつまっていたというケースもあります。

節水のつもりでも、つまりを起こして修理のために出費してしまっては意味がありません。

節水をするなら、トイレ以外で行うようにしましょう。

適切な量の水を使う

節水のために、大便の時でも水洗レバーの「小」を使うという人もいるかと思います。けれども、便を流すために必要な量の水が流れず、便が流れきれずにつまってしまうということもあります。

最近の便器は、節水タイプのものが多く、大では5リットル、小では4リットルくらいだといわれています。「大」「小」のほか「エコ小」という、小よりもさらに少ない水量もあります。

これらの量はきちんと計算して設定されているので、大便の時には大を、小便でも紙を使った場合は小を、男性の小便の場合は小をというように使い分けることで、トイレのつまりを防ぐことにつながります。

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選

仙台で急なトイレのトラブルにも
対応してくれる水道業者3

1

水道救急センター
仙台支店

タップして電話で問い合わせる
0120-245-990
基本料金 2,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
2

クラシアン
仙台支社

タップして電話で問い合わせる
0120-511-511
基本料金 8,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
3

仙台水道サービス

タップして電話で問い合わせる
022-352-5244
基本料金 2,000円~
スピード 即日対応
公式サイトからの
お問い合わせはこちら

各社詳細はこちら