仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台でのトイレつまり 緊急な水回りトラブルを今すぐ解決!

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選
仙台でのトイレつまり » トイレトラブルのマメ知識 » つまりの前兆サイン

つまりの前兆サイン

トイレがつまる時には、前兆が現れることもあります。それを見逃さず、早めに対処することで、深刻なつまりになることを予防します。

トイレの流れが悪いと感じたら…

トイレのつまりは、前兆を察知して、早めに対処することができれば、深刻なつまりになることを回避することができます。

ここでは、トイレのつまりが起こる前兆や減少、症状などを紹介。本格的なつまりにつながらないように食い止めましょう。

ケース1 タンクから水は正常に流れるものの便器内の流れが悪い

<レベル低~中>

用を足した後、水を流した時に、タンクから水は流れてくるものの、便器内の流れが悪いという場合は、軽度のつまりが起こっています。

便器や排水管に異物があって、水の流れを妨げていると考えられます。一部分が塞がれているだけなので、とりあえず水は流れ、使用できる状態です。

しかし、このまま放置しておくと、また別の異物が引っかかり、さらにつまって事態を悪化させてしまう場合があるので、早めに対処しておきましょう。

ケース2 水を流した時に水位が高くなる

<レベル中>

トイレで水を流すと、通常なら排泄物やトイレットペーパーが流れていくのに、流れにくくなって、普段よりも水位が上がってしまう場合があります。これは、つまりの代表的な症状です。

この状態になると、便器や排水管に異物がつまってしまっていると考えられます。

水位が上がっても、徐々に水位が下がっていくようなら、少しは水が流れている状態、水位が変わらなければ完全につまっている状態です。

この場合、さらに水を流すのは危険です。軽度のつまりの場合には、2回目に流した時に異物が押し流されて、つまりが解消されることもありますが、異物が押し流されなかった場合、さらに水位が上がって、水があふれてしまう可能性があるからです。

バケツで水を流したり、ラバーカップを使って自力で直すという方法もありますが、つまっている異物が固形物の場合、さらに状況を悪化させることになるので、慎重に対応する必要があります。

ケース3 タンクからの水流が少ない

<レベル高>

トイレ使用後、水を流した時に水の勢いが弱いと感じた場合には、本来は流れていくはずのものが流れていないということが考えられ、このケースでは、タンクに原因があることが多いようです。

タンクからの水流が少ないという場合には、フロート弁が機能していなかったりすることがあり、タンクの内部を修理しなければなりません。

タンクの水が流れっぱなしになっていると、つまりの原因になるほか、水道料金が高くなってしまいますから、早めに対処するようにしましょう。

ケース4 水を流した時に異音がする

<レベル高>

トイレで水を流すと、「ボコボコ」「ポコポコ」という音がするという場合には、音がする場所で、明らかにトラブルが起こっています。

便器の中で音がする場合には、便器内で異物がつまって、水流が邪魔されていることが多いです。さらに下の方から音がする場合は、排水管のトラブルが考えられます。

タンクから音がする場合、タンクから便器への水路に問題が起こっていることがあります。

異音がする場合には、その場所で何らかのトラブルが生じていることが多く、とくに気になる症状がないからといって放置しておくと、さらに大きなトラブルにつながることがよくあります。

レベル中以上のつまりの場合は、自力でやろうとするとかえって状態を悪くしてしまうことがあるので、業者を呼んで対応してもらう方がいいでしょう。

仙台で急なトラブルにも対応してくれる水道業者3選

仙台で急なトイレのトラブルにも
対応してくれる水道業者3

1

水道救急センター
仙台支店

タップして電話で問い合わせる
0120-245-990
基本料金 2,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
2

クラシアン
仙台支社

タップして電話で問い合わせる
0120-511-511
基本料金 8,000円~

※カード支払い対応

スピード 即日対応
最短30分
公式サイトからの
お問い合わせはこちら
3

仙台水道サービス

タップして電話で問い合わせる
022-352-5244
基本料金 2,000円~
スピード 即日対応
公式サイトからの
お問い合わせはこちら

各社詳細はこちら